動画解説 基礎知識

直訳と意訳の違いは何ですか?

投稿日:

お客様からのお問い合わせの多い内容の1つに、「直訳」と「意訳」についてのご質問があります。どちらかというと、「直訳」にあまりいいイメージをお持ちではない方が多いようです。しかし、これらはどちらも良い点と悪い点があります。

「直訳」は、例えば、日本語から英語への翻訳の場合、日本語を直接的、機械的に英語に置き換えてしまうと仕上がりが不自然でぎこちないものになります。これは悪い直訳です。

一方、直訳といっても、原文に忠実な英文にする、という場合、忠実であるものの、仕上がりの英文は英語として自然なものであれば、悪い直訳ではありません。原文の意味を忠実に反映した英文となります。

「意訳」の場合も、あまりにリライトしすぎて、翻訳者の勝手な主観で英文を作成してしまうのはやりすぎで悪い意訳です。意訳と言っても、原文の意味を損なわず、より自然な英文とすることが大切なのです。

なお、翻訳の直訳と意訳の違いについては、以下のページで詳しく解説しております。

翻訳の直訳と意訳の違い

 

直訳か意訳かについては、分野や用途によっても使い分けられますし、お客様のお好みにより使い分けることもできます。

ご希望や用途を事前にお伺いし、質の高い英文に仕上げるのがACNの翻訳です。

 

スマートフォン用の画像

-動画解説, 基礎知識

Copyright© 翻訳会社 ACN , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.