お客様の声

パソコン用の画像スマートフォン用の画像

新たに翻訳を依頼する業者を検討している方に対し、
私は“翻訳のACN”を推薦します。

私は十数年に渡り、和英翻訳は“翻訳のACN”に発注しています。納品された英文は、海外の査読付きの物理学のジャーナルに投稿してきました。

これまでに8つのジャーナルで33篇の論文を発表しました。これらの論文は査読の段階で英文の不備を指摘されたことは一度もありません。

私は“翻訳のACN”に仕事に満足すると共に感謝しています。

翻訳者は専門の学問を履修したネイティブです。仕事は迅速で、私の質問や疑問に対しても親切に応えてくれます。詳細はこちら

パソコン用の画像スマートフォン用の画像

ACNで校正をお願いしてから、
研究内容に対するコメントがもらえるようになりました。

主に投稿前の研究論文の英文校正をお願いしています。

海外、特に英語圏の雑誌への投稿では、英文添削を受けたとしてもレフェリーから「英語がわからない、不適切」とのコメントが帰ってくることが多々ありますが、ACNで校正をお願いするようになってからは、そのようなコメントはなく、研究内容に対するコメントがもらえるようになりました。

ACNは、私の足りない英語力をサポートし、安価な業者にありがちな「通じる(だけの)英語」ではなく、「伝わる英語」にしてくれます。ネイティブチェック後の英文は自分で読んでも、本当にすっきりして明確です。詳細はこちら

パソコン用の画像スマートフォン用の画像

ACNさんにお願いすると、ネイティブに評判の良い文章が
必ず期日までに仕上がってきます。

私の本来の専門領域はせまく限られていますが、冒険がしたくて、他領域に口を出すこともしばしばあります。

たとえば日本語の味わい深い小説やくだけた日常会話を、どのように英語で表現すればよいのか、自分一人だったら長時間悩み込んでしまうところですが、ACNさんにお願いすると、ネイティブに評判の良い文章が必ず期日までに仕上がってきて、大いに助かっています。詳細はこちら

パソコン用の画像スマートフォン用の画像

翻訳会社によって、こんなにも違いがあるのか!と驚きました。

海外との取引契約書の制作から商品の細かい取り扱い説明文に至るまでその正確さと丁寧な仕事から10年近くご利用させていただいております。

無理な突然の依頼でもクオリティが落ちることなく納期に於いても素早く対応してくれます。アフターフォローに関しても納品後も敏速に対応してくれますし、担当の方と直接お話させていただけるのも非常に心強いです。

正直その他の翻訳会社も試した事があったのですが翻訳会社によってここまで異なるものなのかと驚かされました。詳細はこちら

本物の翻訳を求められる先にACNがある

ネットの普及により、世界中の国々とのやり取りも日常の中であたりまえに行われるようになりました。しかし、依然として「言葉の壁」は私たちの前に立ちはだかります。

そして、その壁を乗り越えるお手伝いをする翻訳会社は世界中に数え切れないほど存在します。ご自身が時間と労力を費やして作成した大切な原稿が人の手に渡り翻訳や校正がされるのなら、安心して任せたいと思うのは当然です。

しかし、その安心の基準とは一体何でしょうか?「価格?」「納期?」「品質?」…安心を得るためには、最初の一歩、つまり、正しい翻訳会社の選び方が非常に重要なのです。ACNへ頂くお問い合わせの中で、特に多い事例をまずご紹介します。


翻訳会社が増え続ける中で、当然ながら価格競争も存在します。少し前では考えられないほどの低価格な会社が存在していたことも事実です。

コストが安く済むことは確かに嬉しいですよね。しかし、同時に、上記のような「安かろう、悪かろう」という結果が生じていることもまた、事実なのです。料金の安さのみを重視した結果、受け取った翻訳の質が悪く、再翻訳が必要になる…

お客様に降りかかる労力やコストは計り知れないものとなるでしょう。ご自身で書いた論文やマニュアル、将来に影響するようなプレゼン資料、契約書類など…、一番問われるのは翻訳の「質」です。

提出された側にとって、翻訳のコストや労力は関係ありません。大切なことはその内容で、元言語から正確かつ自然に翻訳されているかどうか…、つまり結果のみなのです。

翻訳会社を選ぶポイントとは?

料金が予算範囲内、しっかりとした品質、希望通りの納期…、これを叶えてくれる会社があなたにとって最良のパートナーとなるのではないでしょうか。

「料金が安い会社」を選ぶのではなく、「予算内の会社」でまず絞りましょう。そしてその中から、自分に合った品質やサービスを受けられる会社を探します。

無料トライアルを利用することも大いに役立つでしょう。品質を実感できます。また、会社概要やスタッフの対応、アフターフォロー体制を比較し、信用できる会社なのかを見極めることも大切です。 たとえば下記のような項目をチェックしてみましょう。

  • 価格が安くても、ネイティブチェックが別料金であったりしませんか?
  • 翻訳が終わったら、見積りのときと金額が変わったりしませんか?
  • 翻訳者は学位を融資、経験は豊富ですか?
  • アフターフォローはしっかりしていますか?

時間がなく急いでいるときこそ、しっかりと慎重に翻訳会社選びをお勧めします!このひと手間が、結果を大いに左右するからです。

選ばれ続けて20年の実績

  • 学位所有の翻訳者300名以上
  • 顧客満足度87.8%
  • お客様の90%がリピーター

ACNの翻訳料金は、すべてネイティブチェック込みです。他社と比べて決して安い金額ではないかもしれません。ACNは、創立より20年、安易な値下げをせず、品質の向上のみに力をいれてきました。

翻訳会社としての知識と経験を通し、高い翻訳サービスをご提供することが、結果的にお客様にとって金銭的・時間的なコストを抑えることに繋がると考えています。質の高いサービスをご提供する上で、大きな力となるのが翻訳者です。

ネイティブであれば誰でも何でも翻訳できるというものではありません。知識や経験、そしてしっかりとした調査力は不可欠です。ACNには、総勢300名を超える翻訳者が在籍し、全員が学位を有しています。

それだけではなく、医学、工学、科学、経済など幅広い分野において、それぞれ知識や経験が豊富な者が在籍しております。実際、「他社と比べて高い」という声も頂きます。しかし、ACNへご依頼いただくお客様の90%以上はリピーターです。

また新規のお客様の多くがご紹介による方々です。国内数多くの大学・大学院研究室、公的および民間の研究機関、そして企業など多くのお客様により常にご支持を頂いております。それは、弊社の品質をお選びいただいた結果であると自負しております。

ACNでは安心してご依頼いただくために、全て元の原稿をベースに料金を算出し、何度でも無料でお見積もりをご提供しております。

お客様のご要望は何なりとお申し付けください。弊社コーディネーターと翻訳者がお客様1人1人にあったサービスをご提供いたします。無料トライアルも受け付けておりますので、まずはACNの質を実感ください。

 

パソコン用の画像スマートフォン用の画像
スマートフォン用の画像

 

翻訳者紹介

ACNには総勢300名以上の翻訳者が在籍

各分野の学位を所有する専任スタッフが、知識と経験の豊かさでご対応いたします。

アメリカ合衆国ジョージア州出身
1990年 シカゴ大学医学関連学部入学
1992年 エモリー大学へ転入、微生物研究所の指導助手を務める
1994年 エモリー大学卒業
1997年 米陸軍予備役として自衛隊との訓練のため来日
除隊後、文部省のJETプログラムに2年間参加、
上京し、某翻訳会社に3年間、某映像事務機製造会社に3年間勤務
2004年 中国、天津大学の国際教育学院入学
2006年 中国語試験(HSK)合格後、南開大学ソフト(開発)部へ転入
2006年 南開大学卒業
2003年~ BioScience Trends(学会誌:日本)・Drug Discoveries & Therapeutics
(学会誌:日)・Intractable & Rare Diseases Research(学会誌:日)
論文や要約、記事等の校正
2006年~ Global Health & Medicine(学会誌:日本)
論文や要約、記事等の校正
中国病原生物学雑誌(学会誌:中国)
論文や要約、記事等の翻訳翻訳者が教える翻訳のコツ

アメリカ合衆国ミシガン州出身
1977~83年 ユタ州ブリガム・ヤング大学(歴史専攻)にて、最優等(Summa CumLaude)で学士号取得
1984~1986年 東京外国語大学に留学し、日本近代史の研究を行う
1987~88年 ニューヨーク州コロンビア大学(ジャーナリズム学部)にて、修士号取得
1988~89年 ルイジアナ州 The Shreveport Journal にて、社説担当副編集長として従事。
国際交流員として大分県企画調整課に勤務。平松県知事の通訳を行う。
カナダ国バンクーバーの翻訳会社Fact International Co.に勤務。
日本ビジネス翻訳(株)に勤務、翻訳並びに英文校閲に従事。
現在はフリーランス翻訳(校閲)者及び大学講師。
アメリカ合衆国コロラド州出身
1980年 留学生として、来日
1984年5月 コロラド大学卒業(学士号)、専攻:数学、日本語・日本文学
1988年12月 ニュ-ヨーク大学卒業(修士号)、専攻:コンピュータサイエンス
1985年 以来、フリーランス和英技術翻訳者として活動中
≪翻訳経験のある分野≫
コンピュータソフト・ハード、CAD/CAM、ロボット、実装機、コントローラ、シーケンサー、印刷機械、半導体、パケージ技術、モデム、インタフェス、VCR、電子楽器、信号処理、CDプレヤー、光ファイバー、光電機器、太陽電池、音声機器、空油圧、フォークリフト、搬送機、自動車部品、ポンプ、バルブ、航空機、化学、フィルム、繊維、塗料、樹脂、品質管理、経営、家電、建築、土木、広告、会社案内、ウェブページ等。マイケル・マーチン インタビュー動画

 

まずはお気軽にお電話またはお見積もりフォームよりご連絡ください。

ACNは、翻訳・校正の専門会社として20年の実績があります。

ライバルが多き時代においても、ACNが創業当初より変わらず多くのお客様よりご支持をいただいておりますのは、弊社の品質をお選びいただいた結果であると自負しております。

弊社コーディネーターと翻訳者がお客様1人1人にあったサービスをご提供いたします。ACNのクオリティの高さをお試しください。

スマートフォン用の画像

更新日:

Copyright© 翻訳会社 ACN , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.