取扱分野 経済学

経済学分野

投稿日:

経済学の多岐に渡る分野に精通

ACNでは、主に下記に挙げる様々な経済学分野に精通しています。
ここに挙げている分野は一例ですので、それ以外の分野につきましても、まずはお問い合わせください。
経済学翻訳に強いACNスタッフが対応させていただきます。

経済

・理論・学説など(ミクロ経済学、マクロ経済学。経済の理論と学説と経済政策)
・現代経済(企業行動の分析、産業構造、中小企業などの実証研究など)
・公共経済(公共経済学、財政学、地方財政論、環境経済学の理論や制度、実態)
・金融・証券(ミクロ経済学、マクロ経済学をベースとして金融・証券と実体経済の関係、市場リサーチなど)
・都市地域政策(産業や生活と地域の関わりについて)
・国際社会システム(社会システムの構成原理など)
・国際経済政策(国際社会における貿易、通貨、投機などの現状)
・アジア・環太平洋地域研究(アジア地域、太平洋岸における政治経済や社会の動向)
・マスコミ、マスメディア論
・その他、日本・アジア経済研究、比較経済体制、経済システム解析、統計学、経済計測、計量経済、数理統計、信用制度論、マルクス経済学原理、カール・ポランニー研究など。

経営

・経営情報研究 (情報の操作技術と情報ネットワークの分析)
・情報科学(情報化と高齢の日本の社会状況における情報技術(IT)やデジタルネットワークについて)
・経営工学(経営管理の諸問題の科学的管理法。インダストリアル・エンジニアリング[IE]など)
・企業論(日本の中小企業の技術の高さなど)
・その他、数理情報科学、線形計画法、ファジー数学、会計監査について、システム理論、マーケティング、市場分析など。

会計学

・会計学一般 ・原価計算 ・財務諸表分析 ・経営分析 ・会計情報システム ・国際会計 ・管理会計 ・企業監査 ・税務

 

お客様からも高い評価を得ています。

お客様の声

専門用語の多い契約書翻訳の品質も高く、フォローも信頼できる(国際通信社)


海外の企業との契約書を和訳及び英訳してもらいました。契約書は専門用語も多く、且つ正確さが必要なので、こちらも成果品を細かくチェックいたしました。疑問点についても、丁寧に回答くださり、助かりました。品質だけではなく、対応やフォローの点でも信頼できる会社だと思います。

用途にマッチした翻訳と、安定した品質(国公立大学経営学部生)


経営学の論文英訳を依頼しました。教授からの紹介で利用しましたが、評判通りの会社で、論文という用途を踏まえてしっかりと仕上げてくれました。自分で訳すこともあるのですが、時間もないのでここ数年、翻訳会社を利用しています。しかし、以前、めちゃくちゃな英訳をされた経験があり、頭を悩ませていたときに、それをリライトしてくれたのがACNでした。それ以来何度か利用していますが、いつも一定の品質なので安心です。

スマートフォン用の画像

-取扱分野, 経済学

Copyright© 翻訳会社 ACN , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.